reclean

HOW TO USE

reclean 24/7の使い方

reclean 24/7の使い方

監修
歯科衛生士・博士(歯学)
竹之内 茜 先生 竹之内 茜 先生
check 01

reclean 24/7は超音波歯ブラシです

超音波歯ブラシ reclean 24/7は、一般的な電動歯ブラシとは使い方が異なります。
特徴をよく知ることで、超音波歯ブラシの効果を最大限に発揮することができます。

ブラシを十分に水で濡らす

ブラシを十分に水で濡らす

超音波は水の中で伝わりやすいという特徴があります。
超音波の効果を最大限に発輝させるためにブラシを十分に水で濡らしてください。

手みがきのようにやさしい力でブラッシングする

やさしい力で小刻みにブラッシングする

普通の歯ブラシで歯をみがくときと同じように、ブラシを軽くあて、やさしい力で2〜3mm程度小刻みに動かします。

check02

「超音波」+「音波」と「超音波」の2つのモードを搭載

「超音波」と「音波」のダブルパワーで届きにくい汚れを浮かせて、しっかりと除去します。

「超音波」+「音波」モード

「超音波」+「音波」モード

振動をほぼ感じない1秒間に160万回という超高速振動の超音波が、歯間部や歯と歯茎の間の落としにくいプラークを破壊して、音波振動がブラッシングを補助することで、汚れをしっかりと除去します。

「超音波」モード

「超音波」モード

振動が苦手な方や、歯茎に痛みを感じる方は、超音波のみでの使用がオススメです。

check03

自分にあった持ち方でみがきましょう

オススメの持ち方は2種類あります。自分にあった持ち方を見つけて、
軽い力でみがきましょう。

ペングリップ

ペングリップ

適度なブラッシング圧が保たれ、歯と歯茎の負担が少なく軽い力で小刻みに動かせます。

パームグリップ

パームグリップ

しっかりと握れるので、安定してみがくことができます。

check04

ブラシを正しくあてましょう

歯周病の原因となるプラークを除去するには、歯と歯茎の境目に対して
ブラシを45度にあてることが大切です。

基本となるブラシのあて方 ~バス法~

ブラシを歯と歯茎に対して45度の角度で軽くあてて2~3mm程度、
小刻みに動かします。
強く押し付けてブラシの先が開いたり、大きな音が出ない程度の力で1本ずつ丁寧にみがきましょう。

基本となるブラシのあて方:バス法

その他のブラシのあて方

その他のブラシのあて方:歯面

歯面

その他のブラシのあて方:噛み合わせ面

噛み合わせ面

その他のブラシのあて方:前歯の裏側

前歯の裏側

check05

タイマー機能を活用してみがき順を決めましょう

順番を決めることで歯を均等にみがくことができ、みがき残しの防止にもつながります。

reclean 24/7にはタイマー機能が搭載されています。タイマーは約3分間動作し、上あごの左右の歯と、下あごの左右の歯の4ヶ所を均等にブラッシングできるよう、約48秒毎に振動が0.5秒停止してみがき時間をお知らせします。

上あご・下あごの歯を4分割にして均等にブラッシング

お手入れとブラシ交換

本体のお手入れ

本体のお手入れ

使用後は本体に歯みがき剤や唾液が付着しているので、流水で洗い流してください。洗い終わったら、タオルなどで水気をよく拭き取りましょう。

ブラシのお手入れ

ブラシのお手入れ

使用後はブラシを本体から外してブラシの外側と内側を流水で洗い流してください。洗い終わったら、水気をよく切って付属のブラシスタンドに立てて保管しましょう。

ブラシの毛先が開いたら交換

ブラシの毛先が開いたら交換

ブラシの毛先が開いてしまうと、プラーク除去効果が低下します。ブラシは定期的に交換しましょう。

※替えブラシは「イトーオンライショップ」で購入可能です。

イトーオンラインショップで購入

動画を見ながら使ってみましょう!
使い方とブラッシング方法